ままでの経験と実績を元に 弊社の強みでもある 写真 を活かした

2パターンの プロモーション施策を展開しております

main_pʊdɪŋ.jpg
main_PORTE.jpg

飯田エリカが撮影、ZINEの製作・写真展の運営をpara,incが行います

pʊdɪŋとは

スクリーンショット 2022-08-26 11.16.32.png
 

展示会場

規模感やコンセプトに合わせて多数の展示会場をご提案します

スクリーンショット 2022-08-26 11.22.14.png
スクリーンショット 2022-08-26 11.30.55.png

表参道駅から徒歩3分
国内唯一の富士フィルム直営の写真店。

各種プリントサービス、
写真関連雑貨の販売など


セルフ写真館と証明写真スタジオ、
ギャラリーを併設


 

porteとは

全てのコンテンツを後払いにて決済する para,inc の写真展示プロモーションです。

入場料,ZINE,ポスター,生写真,全コンテンツ

0

 

1,800円という映画の値段は誰が決めたのだろう?

2,500円がZINEの相場だと誰が決めたのだろう?

人生は常に選択の連続だ。

コーヒーが飲みたくなったとき支払う100円も、

パスタを食べたくなって外食に行く1,500円も、

支払うかどうかを決めているのはいつもあなた。

 

私たちは忙しい。

 

​感動・共感しないものに使う時間なんてない。

この値段を支払ったから、

元を取らなくちゃいけないなんて言ってられない。

だって私たちは忙しいから。

 

ただ、あなたの目の前に広がっているものが、

少しでも明日の活力になったのなら、

生きる希望を見出せたのなら、

表現者としてこの上ない喜びです。

その感謝の表し方が、口頭でもいい、

DMでもお手紙でも。もし気が向いたのならば、

お金としてお支払いしてくれてもいい。

 

決めるのはあなた。

 

自分が納得したものにお金を支払おう。

今日頑張って稼いでだ1,000円も、

お小遣いでもらった1,000円も、

もっと有意義に使おう。

 

これはpara,incとしての意義を問う、

皆様との実験なのかも知れない。

私たちと一緒に壮大な実験を始めませんか?

来場者の価値観や常識をアップデートする、そんな場を提供致します。

展示・販売イメージ

スクリーンショット 2022-08-26 13.10.43.png

porte【読み:ぽるて】は、全てのコンテンツを後払いにて決済する para,inc の写真展示プロモーションです。

 

通常の写真展と同じく、会場にて写真の展示を行い、制作物を販売いたしますが、

 porteでは、全てのコンテンツを0円にて販売致します。

 

会場におこしのお客様は、ゆっくりと展示をご覧いただき、会場にあるZINEやその他GOODSをご覧いただけます。

 

展示物以外の全ての商品は、そのままお持ち帰りいただくことが可能となっており、

 お支払いは、GOODSの末尾(ZINEの背表紙やポスターの背面)や、展示会場内に掲載されてあるQRコードから

 今回ご覧いただいた展示物並びにお持ち帰り頂いたGOODSに適してるであろうお値段をご自身で決めて

 お支払いすることが可能です。

 

出会ってしまったZINEや、人生を変えてしまったかもしれないお写真に、ご自身で金額を決めてお支払いするという、

 従来の写真展プロモーションとは異なった形式を採用しております。

 

見て損をした、この販売価格は割に合わない、心打たれたからもっと払いたい、もっと推しへ積みたい

 コンテンツ先払いという従来の概念をひっくり返した、来場者自身が金額を決める場を、

 来場者の価値観や常識をアップデートする、そんな場を提供致します。

それが "porte" です。