top of page

義援金のご報告とお礼





令和6年(2024年)能登半島地震により被害を受けられました皆様に心からお見舞申し上げます。

弊社では、令和6年(2024年)1月に発生致しました能登半島地震において被害を受けられました方々に対し支援をするため、飯田エリカ写真展『あたらしい命』の利益の全額を寄付することを決定いたしました。

お寄せ頂きました義援金は、石川県令和6年(2024年)能登半島地震災害義援金配分委員会を通じ、被災されました地域へと寄贈をさせて頂きました。

皆様の温かいご支援ご協力に深く感謝申し上げるとともに、一日も早い復旧復興をご祈念申し上げます。


株式会社para



 


CEO 飯田エリカより


昨年、自分が癌になってしまって困ったときにたくさん人の優しさに支えられ、回復したらその優しさを返せるように生きていこうと決めていました。 12月に無事手術を終え、迎えた年明けに能登半島の震災が起きました。自分にできることは微々たるものだけれど、目の前で起こっている大変なことに義援金という形で少しでもなにかになりますように、どうか少しでも早く被災された方に平穏が訪れることを祈って、元々企画していた自社イベントの利益を寄付することにしました。 私個人の寄付ではなく、たくさん私に力をくださったみなさんとともに寄付できることでささやかでも今大変な人たちの力になるのではないかと思います。

地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆さまとそのご家族の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 被災地が一日も早く復旧され、皆さまが平穏な生活に戻れますよう、お祈り申し上げます。



Comentarios


bottom of page